【飲み過ぎるとウ○チがゆるいワケ】

体や心の不調と腸活セラピー

 

神奈川県横須賀市
腸活セラピー(腸もみ)➕スウェディッシュマッサージ
Reviveの園水です。

月一で都内へも出張しております。
今月5月は18日(火)に渋谷サロンに参ります。

 

飲みすぎた翌日、
お腹が緩かったり、下痢したりする経験は
一度はあるかと思います。

 

一度どころか毎回飲むと下痢する!
というお悩み中の方、
是非引き続き読んでみてください。
翌日、下痢をしないでお酒を楽しめる
方法に結びつくかもしれません。

 

 

なぜ、飲みすぎると下痢に?

その理由は肝臓と腸の働きが大きく関わります。

 

脂肪の消化吸収を助ける「胆汁」は肝臓で作られます。
ご存知の方も多いかと思いますが、
お酒=アルコールは肝臓で解毒分解されます。

 

もしお酒をたくさん飲みすぎてしまうと
肝臓はその解毒作業に追われ、
胆汁を作る働きが二の次になってしまいます。

 

そうすると食べた脂はしっかりと消化分解できないため
吸収されずにそのまま腸へ流れ込みます。

 

またアルコール過剰摂取は小腸粘膜のバリア機能を壊し、
大腸の動きを活性化してしまうため、
水分を十分取り切らないまま便として排泄されます。

 

余談ですが、普段お肉をあまり食べない方が
焼肉に行ってお肉をたくさん食べると
下痢したり、お腹がゆるくなるのは
この胆汁が肝臓で十分生成されず、
お肉(脂質)を消化分解しきれないためです。

 

翌日下痢に悩まずにお酒を楽しむには?

アルコール分解が肝臓の大きな負担
にならないようにすれば良いのです。

 

アルコールを分解していく上で
必要な3大栄養素は

 

  1.  ナイアシン
  2.  亜鉛
  3.  ビタミンC

 

これらの栄養素を使って分解していく工程は
今回は省きますが、ご興味ある方はコチラ。

【二日酔い予防の食品とは?】
おはようございます、腸活セラピストのsonomiです。 数日間、大人しく税金申告書の書き直しに徹していましたが、晴れて昨日提出することができました! 自分の確定申告はそんなに大変ではなかったけど、旦那のが。海外出...

 

お酒を飲むときに一緒にこれらの栄養素をとっておくと
肝臓でのアルコール分解をスムーズに行うことができるため
胆汁生成にも時間を割くことができます。

 

そうすると脂肪を消化分解でき、
お腹の緩みのトラブルも軽減されることでしょう。

 

それぞれの栄養素が豊富に含まれる
食べ物は以下の通りです。
ご参考まで

 

  1.  ナイアシン:
    ー マグロのお刺身
    ー 焼きたらこ:生より焼く方がナイアシン含有量アップ。
    そのまま食べるのもいいけど、焼いてポテトサラにしてみては?
    レジスタントスターチも摂れて一石二鳥。
    レジスタントスターチ?と思わらた方はコチラー 鶏胸肉
  2.  亜鉛:
    ー 生牡蠣:亜鉛含有量ダントツ1位。
    牡蠣は牛肉の3倍以上の亜鉛含有量
    ー 牛肉全般:赤身部分により含まれる。
  3.  ビタミンC:
    ー 柑橘類全般:チェイサーにレモン絞る、天ぷらにカボス絞るなど
    ー 緑系の野菜全般:多い順にピーマン、芽キャベツ、ブロッコリー

 

 

手っ取り早くサプリで摂る!というのも
一つですが、食事からも摂るように工夫するのが
お酒と食事を楽しむ極みかと思います。

 

さぁ今夜は何飲もうかな!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました