【キャベツ食べるとオナラが出まくる。そんなあなたはSIBOかも】

体や心の不調と腸活セラピー

 

神奈川県横須賀市
腸活セラピー(腸もみ)➕スウェディッシュマッサージ
Reviveの園水です。

月一で都内へも出張しております。

 

キャベツは「食べる薬」と言われるほど、
たくさんのビタミン食物繊維を含んでおり
多くの人が健康食品として選択し
食卓にならんでいる野菜の一つです。

 

そんなキャベツを食べるときまって
以下のような症状でお困りの方は
いませんか?

 

ー お腹が張る
ー オナラやゲップがたくさん出る
ー オナラがくっさ〜い
ー 胃がムカつく
ー 逆流してくる感じがする
ー 便秘になる
ー 下痢になる

 

一つでも当てはまる方は
SIBOを疑いましょう。

 

SIBOとは

Small

Intestinal

Bacterial

Overgrowth

の略で、日本語でいうと
「小腸内細菌異常増殖症」のこと。

 

なんらかの理由で大腸内にいるべき腸内細菌が
小腸内に異常増殖し、
栄養吸収を阻害し、ガスを発生させてしまう状態です。

 

なのでこのような状態に
普段お腹に良いと言われている発酵食品や
食物繊維、オリゴ糖が豊富な食品を食べると
更に細菌が増殖する環境を作り上げてしまうため、
症状はひどくなります。

 

 

冒頭では「キャベツ」と書きましたが、
そのほか顕著に症状が出やすい食品は
にんにくや玉ねぎ、りんご、豆製品、キムチ、ヨーグルト、パン
このあたりがサロンにお越しのお客様にも自覚症状があると
言われます。

 

「私、これかも・・・」
となんとなく認識がある方は
一度低FODMAP食を確認されると
良いかもしれません。

 

FODMAPとは

Fermentable: 発酵性の糖質

Oligosaccharides: オリゴ糖

Disaccharides: 二糖類

Monosaccharides: 単糖類

And

Polyols: 糖アルコール

 

の略で、発酵性の高い食物繊維やオリゴ糖、その他糖質を
避ける食事法です。

 

SIBO症状でお困りでまずは症状だけでも
抑えたいという対処療法をお考えなのであれば、
低FODMAP食に挑戦しましょう!

 

画像引用元:幸せな食卓の惑星

 

ただ結構細かく分けられているので
これまた面倒臭い。
なのでスボラさんはまずは
自覚症状が顕著に出る食品、
小麦グルテン(パン・ラーメン・うどん)、
発酵食品を避けるところから挑戦してみるのは
いかがでしょうか。

 

SIBOになってしまう理由は
ストレスや暴飲暴食などの日常性な原因
手術や基礎疾患による原因
また日頃飲んでいる薬が原因
と多岐にわたります。

 

共通して言えるのは
胃腸の働きが低下していて、
然るべき場所で消化分解されるべきものが
されず、未消化のままのものが小腸に流れ込んでくることです。

 

したがって胃で胃酸
胆のうで胆汁酸
膵臓で膵液をしっかり分泌できる体に
するというのが
SIBO克服の鍵です!

 

腸もみは迷走神経を刺激し、
副交感神経を優位にさせるため
胃腸の動きがアップします。

 

腸もみで胃酸や胆汁酸の分泌が向上する
データもあります。

 

 

何れにしても
胃腸の症状は個人差があるため、
これだけ食べればいい!
これだけ飲めばいい!
という万人に聞く方法や万能薬はありません

 

当サロン腸活セラピー初回では
カウンセリングに1時間かけて
詳しくお話を伺い、実用的なアドバイスを提供いたします。
もちろん腸もみマッサージもいたします。

 

お問い合わせ・ご予約をお待ちしております。

 

腸活セラピー
初回 120分  8800円(税込)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました