【土作りと腸活セラピーの共通点】

体や心の不調と腸活セラピー

 

神奈川県横須賀市
腸活セラピー(腸もみ)➕スウェディッシュマッサージ
Reviveの園水です。

月一で都内へも出張しております。

 

このところ気持ちが良いお天気が続きますね!
というわけで私の早朝の庭仕事頻度も上がっております。

 

今朝はしばらく放置していた場所を手入れ
してみたのですが、、、硬い。土が本当に硬い。

 

畑にしてある部分は柔らかいのですが
手入れをしていないところは
硬くそしてネトネトした粘土土。

 

ん?この感覚何かに似てる。
って思ったら、初回腸もみのお客様のお腹でした。

 

土>>お腹

だとすると

ミミズ>>善玉菌

ネトネトした土>>腸内環境が悪い腸

雑草や球根>>カンジダ菌

除草剤や農薬>>抗生物質

石ころ>>ポリープ

酸素に触れていない硬い土>>血流が悪い動きの悪い腸

phレベルが乱れている土>>自律神経が乱れている腸

 

みたいな感じで、
庭仕事しながら腸もみしている気分でした。

 

サロンにお越しいただく
たいていのお客様はお腹を普段から
触ることはないようで、触ってもお腹が痛いときに
さする程度。

 

でも腸もみしているとかったいお腹が
嬉しくなっちゃうほど柔なくなるんです。

 

土で言えば耕してあげる感じ。

 

雑草抜かずに耕したら確かに土は
柔らかくなるけど、またしばらくすると
バラバラになったその雑草から根が伸びて、
土が硬くなる。

雑草を取り除き、土に空気を入れ、
phバランスを整えるために石灰を入れたり
腐葉土を足したりすることで
柔らかく栄養たっぷりの土になる。

 

お腹も同じこと。
溜まった便をだし
自分の体にあった食べ物を摂ることで
必要なものを吸収し、不要なものは排出できる腸になる。

 

あなたのお腹はどうですか?

 

ヒトの免疫の7割は腸にアリですよ。

 

腸活セラピーのご予約&お問い合わせはHPより。
https://chotherapy.net/mail/

 

引っこ抜いた雑草は乾かして燃やして堆肥にします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました