【新型栄養失調ってナニ?】

体や心の不調と腸活セラピー

 

神奈川県横須賀市
腸活セラピー(腸もみ)➕スウェディッシュマッサージ
Reviveの園水です。

 

昨日は薬局でのお仕事でした。

 

60代女性お客様のAさん。
ブルーベリーが目に良いとテレビでやっていたから
数ヶ月前からブルーベリーサプリを飲んでいるけど
一向に変化が見られないとのこと。

 

この話を聞いてとある協会が主催したオンラインセミナーを
思い出しました。

 

加工食品ジャーナリストの中戸川貢先生
そのセミナーでお話されていたのが「新型栄養失調」について。

 

昔は食べるものがなくて栄養失調になっていたが、
今や「食べているのに栄養失調になる」というもの。

どう言うことか説明するのにまずこれから。

 


画像引用元:https://ameblo.jp/taka1006-1222/entry-12574643433.html

 

3大栄養素= タンパク質、脂質、炭水化物
3大栄養素とは体を作るもの体のエネルギーになるもの

 

その3つを代謝する(上手に体に取り入れるために)必要なのが
5大栄養素= ビタミン、ミネラル(+3大栄養素)

 

そしてその基本的なところができたところで
健康維持や免疫力の強化自然治癒力を高めるのが
7大栄養素= 食物繊維、フィトケミカル(+5大栄養素)

 

 

現在は飽食の時代。
食べ物が溢れかえっているのに、なぜ栄養失調?

 

それはコンビニ食や外食に多く含まれている添加物
食べ物の栄養分そのものを流してしまうため。

また添加物の中には腸に悪影響を与えるものがあり
たとえ栄養が体内に入ってきていても
腸が吸収できなくなってしまったり。

 

日本はまだ添加物表示の規制が曖昧で、
添加物基準自体がゆるゆる。
他国では禁止になっている添加物も
日本では普通に使っているものがまだまだあるけど、
ここでは添加物についてはこのへんにして
その添加物摂取の影響でビタミン、ミネラル不足により
3大栄養素がしっかりと代謝されず、
食べても食べても栄養失調が起きているというのが
中戸川先生の見解です。

 

ビタミン、ミネラル不足の延長線にあるのが
様々な病気です。
必要な栄養分が体の臓器に届けられなければ
ありとあらゆるところで、その臓器の働きが衰え
やがて機能しなくなっていきます。

 

少し健康を気遣う人はサプリやスーパーフードを
とって7大栄養素の食物繊維やフィトケミカルを
足してこようとしますが、
5大栄養素まで十分に摂れてないと
その効果は見られないことも多々。
お薬の効果もしっかりバランスの摂れた食事を
とっている人とそうでない人と比べると
大きく違うようです。

 

 

ここで昨日の薬局の話に戻ると
Aさんに昨日のお食事について聞いてみると
朝はコンビニの菓子パンとインスタントコーヒー、
お昼はご飯にレトルトカレー、
夕食はご飯とスーパーの天ぷらを電子レンジでチン。
痩せ型でクリニックでは便秘薬も毎回出してもらう患者さん。

 

 

中戸川先生の新型栄養失調さんの型に
綺麗に当てはまりました。

 

ブルーベリーサプリを飲み出したのは
最近目が霞んで、頭がフラフラして、
あまり外を歩きたくないという症状がきっかけとのこと。

 

ブルーベリーサプリではなく、薬局でご用意できるもの…
保存料、香料、着色料、塩分、甘味料、酵母エキス、たん白加水分解物
無添加のお出汁粉末MCTオイルをご購入いただきました。

 

お出汁はタンパク質カルシウムマグネシウムが摂れるし、
何と言っても手軽で飲みやすい。

 

MCTオイルは胃酸や胆汁酸なくエネルギー変換されるので
お年寄りや体力がない方にも安全に使っていただけます。

 

次回、Aさんにお会いするのが楽しみです!

 

ちなみに野菜切るの面倒でカット野菜買う人は
そういう理由でほとんど栄養ないので、
野菜摂るなら丸かじりが一番です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました